ツクシ

2008.03.29(Sat)

ツクシというのは、トクサ科の植物であるスギナの胞子茎でございまして。


ツクシは胞子を作る部分、スギナが光合成をする栄養茎の部分をそれぞれ担っております。季節的な順番から言うと、まずツクシが現れ、次にスギナが現れます。ざっと三億年前から基本的な構造を変えずに生き延びている、大変原始的な植物です。すごいですねえ。古いですねえ(淀川長治さん風に)。


   

(20080328 千葉市若葉区)


うららかな春の陽の下、このようにニョキニョキと生えてくる姿は皆様おなじみのことと思います。また、佃煮等にすると渋い味わいがあり美味なこともおなじみでありましょう。


ですがこのツクシ君たち、何分、地下茎の養分を使って育ちますから、薬剤に強いのです。何が言いたいかというと、除草剤をテンコ盛りにしたような地面にも生えてきてしまうということです(写真の場所はそんなんではないですが)。


そういう、大量の薬剤散布の結果ツクシしか生えてないような斜面等で、せっせとツクシをむしって「おうちに帰ったら料理してあげるね」「うん、ママ」などとほほえましくやっている親子連れ等を見ると、真実を教えてあげるべきか迷います。老婆心ながら皆様もお気をつけください。


 

(20080328 千葉市若葉区)


中にはこんなのもあります。誰かに踏まれたのかな?逞しく生きておくれ。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

20:32 | Comment(3) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

sakura #79D/WHSg

1. そうなんですか!


犬の○○○は平気でも除草剤は怖いですね。気をつけなきゃ!

2008.04.01(Tue) 21:00 | URL | EDIT

ルイ #79D/WHSg

2. つくし


ツクシって花粉症に効くと新聞で以前読んだのですが。灰汁が大量に出るので、それを抜いてから一本でも食べておくと、その年の花粉症のでがかなり違うと書いてありました。

ワタクシ信じております。で、いつか日本に帰った時に必要になったらツクシだ、と心に決めているのです。

2008.04.01(Tue) 23:16 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

3. 無題


>sakuraさん
おっ、こちらでは初コメントですね。

犬のアレはまあアレですが(?何)、除草剤は体にも気持ち的にも悪いですよね。気をつけたいものです。

>ルイさん
それ、私も聞いたことがあります。ホントなんですかね。

ツクシなら売るほどありますので、よければお持ちください(笑)。<自分の土地じゃないくせに

2008.04.02(Wed) 21:57 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑