クロコノマチョウ

2008.09.18(Thu)

正直に白状しますが、私は今までにこのチョウを見かけたことがなく、何という種類かわかりませんでした。



  

(20080916 千葉市若葉区)


これはタテハの仲間で、「クロコノマチョウ」というのだそうです。元来が南方系のチョウで、地球温暖化その他の影響で分布も北上しているようなのです。物の本によると、分布北限は千葉県、なんて書いてありますから、このチョウはかなり最先端を行っていることになります。ツマグロヒョウモンもそうですけれど、かつてはあまり見かけなかった昆虫が次第に身近になっているということは、興味深くもあり、また複雑でもあります。何度も書いていることですが、私ももっともっと勉強せねばと思います。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

20:55 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
826位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
78位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑