ミスジハエトリ

2008.09.19(Fri)

視線を感じます。誰かが俺を見ている・・・


振り返ると、こいつが建物の壁にはりついているのでした。どういうつもりか、じーっと私を見ています。



  

(20080919 千葉市若葉区)


1cmない小さなハエトリグモですが、これの雄は顔が真っ赤なのが多いのですぐそれとわかります。うちの周りでは最多勢力のハエトリグモで、そこら中で姿を見かけます。カメラを向けると、やはり逃げようともせずレンズを目で追っています。このような小さな生き物の意識というのはどのような構造になっているのでしょうか。


不快害虫扱いされがちなハエトリグモですが、ハエやカを積極的に食べてくれるありがたい生き物ですし、徘徊性なので家の中に巣を張ったりすることもありません。なんとかうまく共存してゆけると良いのですが。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 鋏角類

20:43 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑