アオマツムシ

2008.09.28(Sun)

こういうのっていったいどっから入ってくるんですかね。夜、部屋の中のふすまにアオマツムシがいらっしゃっておりました。



  

(20080926 千葉市若葉区)


体長2.5cmくらい。リーリーとよく通る声で鳴き、すっかり秋の風物詩ですが、どうやらこれもまた帰化昆虫で、明治時代に中国大陸方面から入ってきたものだとか。基本的に樹上性なので、こういうことでもない限り、あまり日頃姿を見かけません。鳴き声はあちこちから響いてきますけど。


この写真のは雌で、雄は翅の背中の部分のパターンが違うので区別できます。また、マツムシとは緑一色(リューイーソーと読んだ人、ギャンブルはほどほどに)であるだけでなく、ルックスそのものがかなり異なっています。マツムシはどちらかと言うとスズムシに似ており、鳴き声もよく「チンチロリン」と表現されます。チンチロリンと言えば、私は以前・・・や、なんでもないです。ギャンブルはほどほどに。


関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・バッタ目

22:21 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
48位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑