クサギカメムシ

2008.10.02(Thu)

名前からして臭そうですが、実際、手で触ったりするとたいへん臭い匂いを出しますので、むやみに掌に乗せてかわいがったりしないようにしましょう。<誰がやるか



   

(20081002 千葉市若葉区)


体長は1.5cm前後。これもまたナチスドイツの陸戦兵器めいた格好をしています。ホオズキカメムシ がキューベルワーゲンなら、こちらはシュビムワーゲンでしょうか。低重心そうですね。避弾経始がいかにも優れていそうです(このへんの描写はスルーして結構です)。


写真左ではミカンの実にとりついていますが、他にもモモ、ウメ、リンゴなどさまざまな果樹を食害することで知られています。樹皮の裏とかで成虫で越冬するのですが、しばしば屋内にもぐりこんで物陰で冬を過ごそうとすることがあります。それも集団で。そういうときに慌てて手で押さえたりするのはなるべくお控えください。理由は最初のほうに書いたからお分かりですね・・・

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・カメムシ目

22:40 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
814位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
83位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑