DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジョロウグモの狩り

午後の太陽の下で、ノシメトンボが一匹、ジョロウグモの巣にはまり込んでもがいておりました。



  

(20081016 千葉市若葉区)


必死に暴れるトンボを、ジョロウグモはがっちりとつかまえています。ジョロウグモは、獲物を頭から食べてしまうわけではありません。獲物に咬みついて体内に消化液を注入し、中身のタンパク質を溶かして体液を吸い取るのです。もはやトンボに逃れる術はありません。またひとつの命が消えてゆきます。他の生き物を生かすために。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/10/21 20:48 ] 鋏角類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。