DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コバネイナゴ

コバネイナゴはイナゴの中でも非常にポピュラーなイナゴと言えましょう。名前の通り、翅が短く、お尻の先端よりか短いのが普通ですが、たまにもう少し長いのもいます。カラーリングがほぼ同じなハネナガイナゴというのもいますが、そちらはお尻の先端より翅の方がずっと長くなります。



  

(20081027 千葉市若葉区)


イナゴは一時期、農薬のために激減しましたが、近年また少しずつ個体数が回復しているようです。今でもイナゴの佃煮などという物がわりあい普通に流通していますが、食糧危機が世界的に叫ばれる現在、昆虫はけっこう真面目に次代のタンパク源として各国で研究されているようです。日本で市民権を得ている食用昆虫といったら、まずこのイナゴ、あとはハチの子やザザムシ等でしょうか。ただハチの子やザザムシが大量には食料として供給しにくいのに比べ、イナゴは全国的にたくさんいます。いずれ新たな観点からその存在が見直される日が来るのかもしれません。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/10/27 21:41 ] 昆虫類・バッタ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。