DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジガバチ

農道の真ん中にイモムシが転がっています。なんで?



 

(20081028 千葉市若葉区)


ナカグロクチバの幼虫かなんかのようですが、どうやらこのイモムシ、行き倒れとかではなく所有者がいたようで、間もなく回収にやってきました。赤帯のイモムシハンター、ジガバチです。


  

(20081028 千葉市若葉区)



ジガバチはこうしてイモムシを捕まえると、毒針で麻酔をかけ、動けないようにしてから巣穴に運び込むのです。そうしてそこに卵を産みつけ、孵化した幼虫は新鮮なイモムシをもりもり食べて大きくなるというわけで。


巣穴にはていねいに石とかで蓋などしてあるので、外からはなかなかわかりません。それにしても、こんなに大きな獲物をよくも運べるものですね。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/10/30 19:24 ] 昆虫類・ハチ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。