ジガバチ

2008.10.30(Thu)

農道の真ん中にイモムシが転がっています。なんで?



 

(20081028 千葉市若葉区)


ナカグロクチバの幼虫かなんかのようですが、どうやらこのイモムシ、行き倒れとかではなく所有者がいたようで、間もなく回収にやってきました。赤帯のイモムシハンター、ジガバチです。


  

(20081028 千葉市若葉区)



ジガバチはこうしてイモムシを捕まえると、毒針で麻酔をかけ、動けないようにしてから巣穴に運び込むのです。そうしてそこに卵を産みつけ、孵化した幼虫は新鮮なイモムシをもりもり食べて大きくなるというわけで。


巣穴にはていねいに石とかで蓋などしてあるので、外からはなかなかわかりません。それにしても、こんなに大きな獲物をよくも運べるものですね。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・ハチ目

19:24 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1045位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
102位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑