DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウシハコベ

ウシハコベとハコベの違いは、まずウシハコベのほうがでかいことです。全体に一回り大きく、枚数こそ同じですが花弁なども長い感じがします。



 

(20081106 千葉市若葉区)


ですが、一番端的な見分けのポイントは雌しべの花柱にあります。ハコベはここが三つに分かれていますが、ウシハコベでは五つに分かれているのです。拡大するとこのようになっています。



 

(20081106 千葉市若葉区)


道端でも荒地でもしぶとく繁殖するところはハコベと同じです。花は春から見られますが、こんなに寒くなってもまだ咲いています。麦の伝来とともにやってきた史前帰化植物だと言われているそうですから、帰化植物の中でもよほど古いほうに属することになります。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/11/07 20:29 ] 山野草 | TB(-) | CM(4)
1. やさしい

可憐なお花ですねー。
[ 2008/11/09 01:57 ] [ 編集 ]
2. ですよね~

>bbくーこさん
ハコベの仲間は好きなんです^^
[ 2008/11/10 22:46 ] [ 編集 ]
3. わー。

可愛いな。色も姿も。

でも道端に咲いているだけだったら、うっかり見過ごす気がします。Takさんの写真でやっと知る。

でも何で「ウシ」がつくんだろー。
[ 2008/11/12 02:19 ] [ 編集 ]
4. ハコベの仲間は

>ルイさん
ほんとに姿も色も清楚でかつ逞しいですね。

ウシがつくのは、普通のよりでかいからです。とは言え絶対的には小さいので、しばしば見落としがちですが・・・
[ 2008/11/13 22:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。