キイロスズメバチ

2008.11.30(Sun)

さて、このようなスタイルの生き物ブログにはひとつの弱点があります。それは、写真が撮れていない時には更新間隔が空いてしまうという点です。


基本的に、このブログに使用されている写真は、うちの庭で撮ったものであったり、あるいは私が朝散歩したりどこかを移動中だったりしている時に偶然、出会った生き物を撮影したものであるわけです。すなわち、何かの都合で適当な生き物に出会わなかったり、あるいは忙しくて仕事場にこもっていたり連日帰宅が遅れたりすると写真が撮れないため、更新が止まってしまうのです。


また、使用機材と私の腕前の限界という問題もあります。例えば、ここのところ連日、ノスリかと思われるタカの仲間がうちの上空を旋回飛翔している姿が見られるのですが、非常に高いところを飛んでいるのでIXYでは「なんか飛んでる」ということが辛うじてわかる程度の写真しか撮れず、やはり掲載できないのです。


そんなわけで間隔が開きましたが、今回はキイロスズメバチです。前にを取り上げましたが、こちらはご本尊。



  

(20081130 千葉市中央区)


剣道の稽古後、稽古仲間のI氏と「さて、ラーメンでも食うべか」という感じでてくてく歩いていたのですが、その途中で歩道の上をもぞもぞしていて、I氏が踏んづけそうになったのがこれ。オオスズメバチより少しは小さいものの、やはりけっこうな迫力です。



 

(20081130 千葉市中央区)


全身が産毛に覆われているのがお分かりいただけるかと思います。顎も立派ですね。このような働き蜂は冬の寒さを凌ぐことはできず死んでしまい、来年の新しい女王蜂になるハチだけが生き残って朽木の中などで越冬します。そして来春、新しい巣作りが始まるわけです。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・ハチ目

22:13 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
826位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
78位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑