カラスウリ

2008.12.10(Wed)

いい感じに色づいております。カラスウリの実と言えば秋の風物詩ですけれど、まだまだ見られるのです。



DAYLIGHT RUMBLER DAYLIGHT RUMBLER 

(20081209 千葉市若葉区)


藪だとか林の縁などにこんがらがっていることの多いこの植物、しかし一体なんで「カラス」ウリと言うのでしょうか。別に黒いわけでもないのに。調べてみると例によって諸説あるようで、カラスが好んで食べるから(ウソつけ!)だとか、あるいは反対にカラスも食わないからだとか、もとは「唐朱瓜」と書いたのだとか、プチ迷宮入り状態です。



DAYLIGHT RUMBLER 

(20081209 千葉市若葉区)


こうやってみるとトウガラシとミニトマトのあいのこみたいで、人間だって食えそうですが、やっぱり食用にはなりません。若い芽は食べられるそうですが。


夏に咲く花はSFチックな摩訶不思議な形状をしており大変おもしろいのですが、それはまた次のシーズンにとりあげるとしましょうか。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

21:54 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

Bbくーこ #79D/WHSg

1. おおっ


からすうりだ~~(^^

おかげさまで今年やっと名前を覚えました。

お花、ほんと変わってますよねえ。不思議です。

2008.12.12(Fri) 00:56 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. そうそう


>Bbくーこさん
高知で花の写真を撮影なさっていたんですよね。お役に立てて嬉しいです。

また夏が来たら私も写真を撮ろうと思います。

2008.12.12(Fri) 22:03 | URL | EDIT

ルイ #79D/WHSg

3. これかー!


これがカラスウリなのかー。

わーお話の中だけじゃなくてあるんだー。しかも結構近い関東圏内で!。

何かちょっと感激。

2008.12.12(Fri) 23:40 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. ええ


>ルイさん
まさにこれがカラスウリであります。うちのほうでは大変ポピュラーな植物です。きれいですよ~。

2008.12.16(Tue) 19:54 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
695位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
71位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑