ヤブキリの幼虫

2008.04.15(Tue)

さて、ここのところ何かと忙しくて更新が滞っておりましたので、もはや恒例となってまいりました、突然大量更新の始まりでございます。ということで第一弾はこれ。



   

(20080411 千葉市若葉区)


バッタ目はキリギリス科、ヤブキリの幼虫です。水仙の花の上に乗っておりました。標準サイズの水仙の花びらがこれほど大きく見えることでだいたいわかると思いますが、ごはんつぶほどの体長です。


成虫となったヤブキリは肉食性を帯び、他のバッタの仲間を襲って食べたりしますが、幼虫の間はもっぱら植物食らしいです。昆虫には二種類の変態方法があり、「完全変態」「不完全変態」といいます。ヤブキリ等のバッタ目は不完全変態のグループに属するので、サナギの状態を経ず、卵から幼虫に孵化した時には既に成虫のミニチュア的な形をしています。そして、脱皮を繰り返しながら成虫に近づいていきます。



 

(20080411 千葉市若葉区)


幼虫にはいろいろな敵がいます。撮影してから4日が過ぎ、ひょっとしたらこの子は既にこの世のものではないかもしれません。ですがもし、幸運にも生き残ったなら、成虫になるのは夏のさなかのことでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・バッタ目

21:40 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
655位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
70位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑