モズのはやにえ・その後

2009.01.31(Sat)

ミカンの木の枝に、丸々と肥えたカブトムシの幼虫がモズのはやにえになっていて驚いたのは12月12日のことでした。その模様はこちらに掲載しました が、その後の経過を写真で辿ってみました。


まずは明けて13日。前日はまだ生きていた幼虫はさすがに完全に絶命しましたが、それ以外に特に変化はないようです。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20081213 千葉市若葉区)


15日。まだほとんどそのままですが、全体にやや黒っぽくなってきました。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20081215 千葉市若葉区)


変化らしい変化があったのは16日です。乾いたためか、後半部分がぺしゃんこに。所有者とおぼしきモズはこの木の近くでせっせと見張りにいそしんでいますが、食べに来たりする気配は一切なし。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20081216 千葉市若葉区)


そして20日になると全体がすっかり乾ききり、白味が全くなくなりました。こうして見ると、このカブトムシの幼虫というものは、構造上、昆虫部分というか主要なものは体の前半に集中していて、後半はほとんど栄養分でできていたのだということがわかります。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20081220 千葉市若葉区)


28日。乾燥が進むと毛ばかり目立ちます。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20081228 千葉市若葉区)


29日。クモの巣が張っています。真冬なのに。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20081229 千葉市若葉区)


そして正月三日。後半部分が少しちぎれました。モズが戻ってきて突ついたのかもしれませんが、まあ自然脱落でしょう。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090103 千葉市若葉区)



6日。よく見ると脚先などもだんだん欠損してきました。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090106 千葉市若葉区)


8日、ドラスティックな変化が。突き刺さっている枝より後ろの後半部分が、完全に脱落したのです。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090108 千葉市若葉区)


11日。角度を変えてみてみましょう。前半部分は、基本的には意外なほど原形をとどめています。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090111 千葉市若葉区)


そしてこの後、目に見える変化は極めて少なくなります。もはや風化のレベルでしょうか。それでも、微妙に変形&摩滅してゆくのは見てとれます。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090116 千葉市若葉区)



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090120 千葉市若葉区)



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090125 千葉市若葉区)


DAYLIGHT RAMBLER  

(20090128 千葉市若葉区)



そして31日現在、はやにえはまだそのまま枝に引っかかっております。所有者とおぼしきモズは依然として、この木の近くの電線上などで尾羽をピコピコ動かしながらしょっちゅう下界を監視していますが、このはやにえを食べる気も、手を加える気もないようです。


このひとがそのモズ。どことなく芸術家肌っぽい顔つきなので、こうして写真を掲載していると肖像権や複製権の侵害を主張されそうでちょっと怖いです。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090113 千葉市若葉区)

関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

22:12 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

ルイ #79D/WHSg

1. でも。


そもそもモズははやにえった獲物を実際に戻ってきて食べるんでしょうか。いつもこうして勿体無く放置されている気がします。

食べろよ。モズ。勿体ないから。

もう肖像権等で文句言ってきたらそれを指摘してやって下さいっ。何ならワタクシがこちら側の代理として答弁に立ちますっ。きぃー。

2009.02.03(Tue) 00:54 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. そこが


>ルイさん
ひとつの謎というか、戻ってきて食べるときもあれば放置されているときもあるようです。そもそもなぜはやにえをこしらえるのか、そこのところが興味深いですね。

ちなみに、このはやにえは奇しくもこの記事をアップした日、自然崩落し消滅しました(爆)。

2009.02.03(Tue) 17:32 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
67位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑