DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カワウ

近くでついでの用事があったので、久しぶりに青葉の森公園の生態園 に行ってみました。


野鳥観察舎で望遠鏡を覗いていますと、ちょうどカワウが一羽、羽根を干していました。IXYで撮れる距離ではありませんが、そこはアオサギの時やった例の方法 でカシャカシャ。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090212 千葉市中央区)


なんでこんなポーズをとっているのかと申しますと、ウというのは水鳥でありながら、羽毛に油分が少なく、水気を十分はじくことができない為、時々こうやって広げて乾かす必要があるのです。基本、真っ黒な鳥ですが、黒といってもいろいろ微妙な色彩が混じり合っているのがわかります。数分このままこうしていました。後ろをカモが横切ったりしてちょっとマヌケです。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090212 千葉市中央区)


やがて羽根を干し終わると、しばしキョロキョロ。グリーンの綺麗な目をしています。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090212 千葉市中央区)


そしてやおら水に飛び込み、魚など獲っておりましたが、そこは眺めてるのが面白くてうっかり撮り損ねました。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090212 千葉市中央区)


その後、また元の島に戻り同じ場所に上陸し、そしてまた羽根を干し・・・と同じ展開が続いてゆくのでした。


千葉でカワウというと、蘇我駅の南にある大巌寺の森にかつていたという、数万羽ものコロニーが有名です。環境の変化により70年代初めにそのコロニーは消滅してしまうのですが、往時、私の母が祖母と二人で大巌寺に行った際、ウの落とした新鮮なスズキを拾ってきて食べたことがあるそうです。そのようなことは地元ではわりと普通に行われていたのだそうで、ウの下に行って声をかけるとウがびっくりして魚を放すので、それを拾ったものなのだ・・・というような話を、私もお年寄りに教えていただいたことがあります。ほんの四十年ばかり前には、日本にもそんな風景があったのです。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/02/12 22:18 ] 鳥類 | TB(-) | CM(5)
1. かわいい~

ですね~

ウってただ黒いだけかと思ってたら・・・(^^;
すいません☆

カワウかウミウか私にはわかりませんが、うちのほうにもたくさんいます。

そういえば近所に観測小屋などもありました。
ちょっと行ってみたくなりました(^^


[ 2009/02/15 01:32 ] [ 編集 ]
2. ですよ~

>Bbさん
そうなのです。真っ黒いと見せかけてけっこう複雑なのです。私も撮ってみて改めて感心しました。

おっ☆観測小屋ですか。それはぜひとも行っていただいてご報告を・・・(笑)
[ 2009/02/15 17:45 ] [ 編集 ]
3. が

がんばってみたいと思います・・・(^^;

[ 2009/02/16 00:13 ] [ 編集 ]
4. あははは。

間抜けで可愛い。
[ 2009/02/16 23:04 ] [ 編集 ]
5. 無題

>Bbさん
はい、よろしくです~

>ルイさん
かわいいですよ~。このままの姿勢で止まってます。
[ 2009/02/20 19:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。