ノボロギク

2009.02.16(Mon)

「ぐにょぐにょ」っとした葉と黄色い花と綿毛が特徴的なノボロギク。気がつくと道端や畑の隅っこなどににょきにょきと育っています。



DAYLIGHT RAMBLER DAYLIGHT RAMBLER 

(20090215 千葉市若葉区)


この写真は見ての通りの土手ですが、特に休耕田なんかにはよく生えています。そしてこれもやはり明治時代に入り込んできたヨーロッパ原産の帰化植物です。ヒメオドリコソウオオイヌノフグリセイヨウタンポポ・・・いつも書いてることですが、春の野の花といってもその多くが近代に入ってからの帰化植物なんですね。そういうことって、学校でも教えた方がいいと思うのですが・・・

関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

21:03 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

ルイ #79D/WHSg

1. へぇ。


これそういう名前なんだ。初めて知りました。

いつも見かけて抜いてしまう雑草なんですけど、名前知ると妙に愛着出ちゃいますね。

花のとこが「すぽ」って抜けるんですよ。で、よく抜いて遊んでました。

2009.02.16(Mon) 23:06 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. そうなのです


>ルイさん
こんな雑草でもちゃんと名前があるのですね。在来植物ならさらにもっと愛着が湧きそうですが・・・

2009.02.20(Fri) 19:55 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
64位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑