キンクロハジロ@不忍池

2009.03.17(Tue)

キンクロハジロもたくさん越冬に来ていました。その特徴は、何といってもこの後ろ髪でしょう。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090313 東京都台東区)


ミュージシャンのような格闘家のような頭をしていますが、これは無論、寝ぐせではなく冠毛です。とは言えこのようなルックスなのは雄で、雌はやや地味でこんな感じです。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090313 東京都台東区)


カモの仲間の中でも潜水が得意で、しょっちゅう潜っては少し離れたところに浮かんだりしています。体つきはカルガモなどより一回り小さく、胴体のわりに頭が大きく感じます。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090313 東京都台東区)


意外にワルそうな表情をしているのがチャーミングです。上野のビルの中の池に群れていると「都会の鳥」というイメージですが、春になると遠くシベリア方面に渡ってゆき、そこで繁殖するのです。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

22:55 | Comment(6) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

ルイ #79D/WHSg

1. TakさんTakさん<二度呼び


この鴨食べられる?

作り物の置物みたいですね。(笑

エゲレスにはよくこんなのが木彫りで作って彩色して売ってます。それみたい。

2009.03.18(Wed) 00:23 | URL | EDIT

Bb #79D/WHSg

2. 無題


へええ。そうなんだ。ルイさん(^^

くちばしが薄いブルーなのがカワユイですねー。
食べられるんだろーか・・・。

2009.03.18(Wed) 00:45 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

3. さて


>ルイさん
食べられないこともないでしょうけど、あまり食べたという話も聞きませんねえ。

あ、これ、イギリスにもいるみたいですよ。

>Bbさん
そうそう、この嘴のブルーがオシャレです。体色の黒い部分もよく見ると紫がかっていたりして渋いです。

2009.03.18(Wed) 23:11 | URL | EDIT

Bb #79D/WHSg

4. うーむ


ちょっと触ってみたいですねー。
手なずけて一緒にシベリアへ・・・ってのは冗談ですが☆妙に惹かれるカモさんです。

2009.03.19(Thu) 00:21 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

5. 無題


>Bbさん
最近は鳥インフルエンザの問題とかいろいろあって、野鳥に触れるのも厳しくなってきましたね。

カメラを持ってってもらって夏のシベリアを撮ってきてほしいです(笑)。

2009.03.19(Thu) 19:18 | URL | EDIT

Bb #79D/WHSg

6. 鳥インフルエンザは


ほんと、むかつきます。
なんでこんな病気が流行ってんのか・・・・

夏のシベリア・・・いいですね(^^
行ってみたい!

2009.03.20(Fri) 23:50 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
683位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
69位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑