ハシビロガモ@不忍池

2009.03.21(Sat)

はからずも六回に渡ってお届けしました今回の不忍池シリーズ、ひとまずのラストはハシビロガモです。他のカモたちとあまり混ざらず、少数がおりました。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090313 東京都台東区)


しゃもじのような形の異様な嘴が目をひきます。この嘴で水と一緒に餌(プランクトンなど)を吸い込み、濾しとって食べるという習性を持っております。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090313 東京都台東区)


北海道の一部で若干繁殖しているのを除けば、日本には全国的に冬鳥として飛来します。その主たる繁殖地はやはりシベリアやアラスカのような北の大地。都内の池でこのような姿を見ると、「へんな鴨」としか見えないかもしれませんが、毎年数千キロもの渡りを繰り返している彼らは、変動してゆく地球環境の証人というか証鳥でもあります。たまたまこの項をお読みになって、この鳥のことを初めてお知りになったという方がもしいらっしゃいましたなら、そのことを頭の片隅にとどめておいていただければ、ちょっぴり幸いに思います。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

21:32 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

Bb #79D/WHSg

1. 証鴨ちゃんなのね


しかと頭にいれときます(^^

カモシリーズ終わっちゃうんですか(^^;
ざんねーん。

ハシビロガモっていうんですね。
うちの町の川にたむろしているのはこのカモたちだったんですね!

たくさんおります。
しかし、まじまじと見たのはtakさんのここでかも。
グリーンが綺麗。


2009.03.22(Sun) 01:18 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. 無題


>Bbさん
ありがとうございます~。

グリーンの部分、マガモとかとまた違う味わいがありますね。

また集中的にその環境を取り上げるようなことも随時やっていきたいと思います。

2009.03.22(Sun) 22:50 | URL | EDIT

Bb #79D/WHSg

3. がんばってくださいね


期待してます(^^

2009.03.22(Sun) 23:59 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. 無題


>Bbさん
ありがとうございます~

2009.03.23(Mon) 21:01 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
566位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑