ムラサキシジミ

2009.03.23(Mon)

両側に古い墓地のある、森の中の小道を歩いていた時でした。足元にふと、鮮やかな色彩を感じました。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090321 千葉市若葉区)


ムラサキシジミが一匹、木洩れ日に翅を広げて日光浴をしているのでした。


翅を閉じると、茶色にもっと濃い茶色の模様が入った何とも地味なチョウなのですが(閉じたところは撮り損ねました。撮れたらまたアップいたします)、開けばこのようにとても美しいチョウです。ムラサキ、と名前はついていますが、光線の具合により、その麟粉はスカイブルーにもディープパープルにも見えます。成虫越冬なので、一冬を乗り切って春を迎え、こうして現れたものでしょう。


幼虫の食草はカシ類やシイなどの葉なので、雑木林の失われた環境では生きてゆけないチョウです。森深いように見える場所でも、スギやヒノキがびっしりと植林されてしまった場所では、姿を見ることができません。


元は南方系のチョウで、関東はその分布の北限とされていたのですが、近年北へ北へと分布を拡大しており、そこには地球温暖化が影を落としているらしいのです・・・そう、それはナガサキアゲハツマグロヒョウモン と同じ、あのパターンです。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

21:04 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

ルイ #79D/WHSg

1. が。


何故 シジミなんすかね。


志染から来てるのん?

2009.03.23(Mon) 23:53 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. それは


>ルイさん
なんでも、翅を閉じた姿&大きさが貝のシジミ(味噌汁に入れたりするやつ)に似ているからだ・・・ということです。ホントにそうなのかどうか私的には多少疑問ですが・・・

2009.03.25(Wed) 21:39 | URL | EDIT

ルイ #79D/WHSg

3. う~ん。


似てるかなぁ・・・シジミはもっと黒い気がすんだけどなぁー。


サイズの問題かなぁ・・。

2009.03.26(Thu) 01:34 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. これ


>ルイさん
なーんか納得いきませんよね(笑)。

2009.03.26(Thu) 23:56 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
67位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑