ダイサギ@千城台野鳥観察園

2009.04.12(Sun)

野鳥観察園 といっても、観察舎などが建ててあるというわけではなく、基本的には、住宅地の中の雨水調整池とその傍にある小山をフェンスでぐるりと囲っただけのものですが、これがなかなか素晴らしく、水鳥を中心にいろいろな野鳥を見ることができます。


そして、春先になると大量のサギが繁殖にやってくるのです。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090410 千葉市若葉区)


木々に白い綿ボコリみたいのがたくさんこびりついているのが見えますが、これが全部サギなのです。ゴイサギが最も多いですが、他の種類のサギもかなりいます。今日はとりあえずダイサギについて。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(左20090409 右20090410 千葉市若葉区)


綿ボコリの一つ一つを拡大してみると、このように枯れ枝等で営巣の真っ最中です。写真左でも背後にゴイサギが写っていますが、隣り合わせになったりしていてもお互い別に平気なようです。そのわりにダイサギ同士で時々「ガガッ」「グワアッ」という感じで喧嘩したりしています。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090409 千葉市若葉区)


派手な喧嘩の末に突つき出されて手前に下りてきたやつを観察してみます。喧嘩に負けたばかりのわりには威厳たっぷりというか、背中の飾り羽が風になびいて大変優雅です。目元がエメラルドグリーンに彩られていますね。これは婚姻色です。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090409 千葉市若葉区)


拡大するとこんな顔。嘴がまるで鋏ですね。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090409 千葉市若葉区)


実はカメラをIXY910isからPowerShot SX110isに買い換えたのは、この池でのサギの繁殖に合わせるためも多少ありました。今までに比べると遠くからでも写真がある程度撮れるどころかズームにすると肉眼では見えない細かいとこまでわかります。良いことばっかりですが、どんな機械も所詮、使う人間によるもの。この写真を撮り、さらにもう一枚撮ろうとした瞬間、土手で足を滑らせて転び、でかい音を立てて驚かして飛び立たせてしまうという最低のボーンヘッド。鳥さんごめんなさい。以後気をつけます。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

22:24 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

Bb #79D/WHSg

1. ダイサギの羽って


羽衣みたいですねー。
こんなに綺麗だとは知りませんでした(^^

時期的にはかなり遅いレスでごめんなさいねー。




2009.04.22(Wed) 04:03 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. 無題


>Bbさん
夏羽にはこのような飾り羽があらわれてきます。綺麗ですよねー。

遅れは気にせず、どの記事にでもコメントしちゃってください。

2009.04.22(Wed) 20:43 | URL | EDIT

Bb #79D/WHSg

3. そう言っていただくと


ありがたき幸せ~m(__)m

夏羽に現れるんですか。へええ。。。

2009.04.23(Thu) 00:48 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. 無題


>Bbさん
生き物は季節でルックスが変るのが多いです。

2009.04.23(Thu) 21:36 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
48位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑