キタテハ

2009.04.20(Mon)

キタテハは成虫越冬なので、三月の暖かい日にはもう目覚めて出てきて、繁殖行動 などしています。キタテハの翅の模様は夏型と秋型でやや異なりますが、そういうわけで今頃見られるのは去年の秋に生まれたチョウですので、黒部分の面積が少なくオレンジ味が強い秋型です。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090418 千葉市若葉区)


幼虫はカナムグラを食草としているので、カナムグラのあるところなら日本全国どこにでも生息しています。しかし実は日本にあるカナムグラは中国からの史前帰化植物なので、このキタテハも、遥か昔にカナムグラとともに大陸からやってきたものと言われているのです。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

23:05 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
566位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑