キジ(♀)

2009.04.27(Mon)

ところは都川中流域。水張り中の田んぼに現れたのは雌のキジです。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090423 千葉市若葉区)


お米を作るのには八十八回の手間が必要なのだと申します。田起こし・水張り・代掻きなどといった手間によって、土の中にいた各種昆虫だのミミズだのが浮き出してきたり掘り起こされてきたり逃げ出そうとしたりするため、このようなキジもそれを狙ってやってくるのです。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20090423 千葉市若葉区)


けっこう水深ありげなところも気にせずに歩いています。すぐ近くの休耕田の草むらの中からは、「ケンケーン」「ドドドド」という、雄のキジの鳴き声&羽音がひっきりなしに聞こえていました。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

21:49 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

あしゅりん #79D/WHSg

1. 掘っては食って


そう言えば、子供の頃、田圃を起こすトラクターの後をアマサギがたくさんくっついて歩いてましたっけ。
その後、テレビ番組でゾウやサイの後をくっついてまわるアマサギの映像を観て納得しました。

2009.04.28(Tue) 12:59 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. おおお


>あしゅりんさん
まさしくそれですね。現代日本ではトラクターが大型草食獣の代りなのでしょうか。

こちらではアマサギは少ないので、うらやましいような光景です。

2009.04.28(Tue) 22:43 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
566位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑