DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニホンカワトンボ

千葉市内にだって、カワトンボはいるのです。


ここは若葉区内の某谷津田。この谷津は最上流に湧泉を持ち、その水を用いた昔ながらの湿田が広がっておりまして、少し前までは「ここホントに千葉市か?」と思うような圧倒的な景観が広がっていたのですけれど、今は残念ながら休耕部分が多くなってしまい、こんな感じです。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090427 千葉市若葉区)


しかし、そこを通る水路そのものは今も生きていて、下流へと天然の水を運んでいます。その水の上を宝石のような姿のカワトンボがひらひらと舞う姿は素晴らしいものです。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090427 千葉市若葉区)


翅の端に赤い紋が見えますが、これが雄である証拠。雌はここが白い紋となります。また、この写真の個体は翅が透明ですが、橙色の翅をしている個体もいます。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090427 千葉市若葉区)


カワトンボは綺麗な水なしでは生きられません。例えばこの谷津田において、カワトンボを保護しようと思ったらまず水環境の維持を考えねばならず、水環境を維持するには源流の湧泉も含めた谷津田そのものを保全することが必要であり、谷津田そのものを保全するには、そこで理想的な形で農業を継続することができる条件が整えられねばなりません。もしもそれが整ったならば、話は単にカワトンボのことだけでなく、その環境とそこで生み出されるものとはすべからく千葉が誇ることのできる財産となりましょう。


今度千葉市長が逮捕され、選挙も近いようですが、新しい市長さんがそういうことを考えてくれる人だったらいいなあって、ぁたし思ってまあす!!o(^∀^ )o( ^∀^)o!! <誰だ、おまえは

関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/05/01 22:06 ] 昆虫類・トンボ目 | TB(-) | CM(2)
1. 無題

細くて綺麗ですね~。
水がきれいなところ・・・・なかなかないでしょうね。生き抜いて欲しいです。

休耕地、こちらも多いです(--

私も夏に糸トンボちゃんを見て感激したことがあります。

次の市長さんがそういう方だといいですね~。

・・・・o(^∀^ )o( ^∀^)o!! 


[ 2009/05/02 02:43 ] [ 編集 ]
2. 水環境

>Bbさん
水辺の環境を、そのポイントだけでなくトータルパッケージとして保全するということはとても大切なことだと思います。イトトンボやカワトンボは見るとわくわくしますね。

ところで、その顔文字は何です?<ええっ
[ 2009/05/02 22:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。