ホソミオツネントンボ

2009.05.07(Thu)

憲法記念日。庭先を何やら糸くずのようなものが飛んでいると思ったら、イトトンボの仲間のホソミオツネントンボでした。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090503 千葉市若葉区)


写真で見ると長いように感じるかもしれませんが、体長はせいぜい4cmくらいであり、しかもすごく細いので、シオカラトンボなどと比べると感覚的には半分以下の大きさしかありません。


「オツネン」とは「越年」であり、このトンボが成虫越冬であるところに由来します。秋には地味な褐色ですが、春になるとこうして青くなります。これがけっこう秋も春もけっこう絶妙な保護色で、ふわふわとゆっくり飛び、すぐ枝などにとまるにもかかわらず、一度目を切ってしまうと見失ってしまったりします。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

18:08 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
600位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。