マガリケムシヒキ(♀)、手にとまる

2009.05.09(Sat)

田舎道をうろうろしていると、昆虫の方からくっついてくることはたまにあります。何か異物感があると思ったら、右の手首にマガリケムシヒキの雌 が・・・



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090504 千葉市若葉区)


左手でカメラを取り出し、「動くなよ~」と念じつつ、刺されるとけっこう痛いことを知っているので若干及び腰。最初、「俺は空手の黒帯だ!全国大会だって出たことあるんだぞう!おまえなんかいつでも潰せるんだ!」と脅かしてみたところ、モゾモゾして今にも刺しそうにするので慌てて「愛してるから刺さないでっ」と頼むと、写真を撮り終わるまでじっとしていてくれました。


名前は「マガリ・ケムシ・ヒキ」と読むのではなくではなく、「マガリケ・ムシヒキ」と読み、ムシヒキアブ(虫挽き虻)の仲間です。小昆虫を襲い、尖った鋭い口吻を突き刺して体液を吸います。オレンジ色のブーツがちょっぴりオシャレですね。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・ハエ目

11:25 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
67位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑