ウシガエル

2009.05.11(Mon)

どのカエルよりもデカいくせに、どのカエルよりも臆病なウシガエル。ちょっとでも人の気配を感じるとボッチャーンと水の中に飛び込んでしまうため、写真を撮るどころか、顔を拝むのも意外にたいへんです。


比較的間近で観察しやすいのは、雨でも降りそうな、いやむしろ現にしとしとと雨の降るような湿っぽい日、昼間でも暗く、なんだかもう幽霊でも出そうな雰囲気の日でしょう。そんな日に、岸辺付近に植物が繁茂している人気のない池や沼に行ってみれば、かなりの確率で出会うことができます。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090507 千葉市若葉区)


その鳴き声は例の「ウウー、ウウー」という牛そっくりの底響きのする声。体長は20cmほどにまでなり、大きな口に入るものなら何でも呑み込んでしまいます。ザリガニや水生昆虫のみならず、他のカエルや水鳥の雛、ヘビや小型哺乳類さえ捕食するという凄まじさ。この写真を撮った池には昔、トウキョウダルマガエルがたくさんいましたが、今では全く見ることができません。


北アメリカ原産のこのカエルが日本に移入されたのは1918年のこと。無論、食用としてのことでした。それが繁殖力旺盛で水質の悪化にも強いため、今では全国の淡水に広がっている・・・という、あのどこかで聞いたようなおなじみのパターンです。特定外来生物に指定されていますので、個人が許可なく飼ったり放したりした場合、最高で懲役三年もしくは三百万円以下の罰金が課せられます。ただし、捕まえて食べるのはOKです。


私は、生態系というものが危機に瀕している現在、その生活において野生動物と直接的な利害関係のない一般市民が、野生動物を食物としての視点でのみとらえることには、正直に言ってアップ・トゥ・デートがないと思います。ですが、日本におけるこのウシガエルのように、元来人為的に持ち込まれたものであり、かつ排除することで生態系を復元の方向に向けられる可能性が大である場合は話は別です。どんどん食べて、場合によっては町興しの手段にでも何でもすればいいと思います。実際、旨いですから。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 両生類

19:20 | Comment(5) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

青菊 #79D/WHSg

1. ウシガエル旨い?


実は生ウシガエルを見たことありません。
声は相当大きいそうですね。


ウシガエルはおいしいのですか?
フライで食べるのでしょうか?

2009.05.11(Mon) 21:24 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. ウシガエル


>青菊さん
こんばんは。いらっしゃいませ!

ウシガエルは、見てくれはたいへんグロテスクですが、淡白な中にも滋味があっておいしいです。少年時代に何度か食べました。

食べられるのは後ろ足で、網焼きにして砂糖醤油で食べるか、唐揚げでもいけます。フライでもおそらく食べられると思います。

2009.05.11(Mon) 21:55 | URL | EDIT

ルイ #79D/WHSg

3. わ~


多分初めて観た。彫像のようですね。
掴んだら重そうな気がします・・。

映像的に食べたくないです・・・。ま、何も言われずに黙って調理されたものが出てきたら多分美味しく頂くと思うのですが。

あっ。すぐ食べること思い浮かぶワタクシは旧世代の人間なのねっ<反省

2009.05.12(Tue) 00:11 | URL | EDIT

カマコ #79D/WHSg

4. その昔


昭和20年代生まれの父親は、壁に叩きつけたりお尻から空気を入れて膨らませたりしていたらしいです(酷)だったら食べてあげた方がよっぽど…ですよね。
中華街で食べた蛙はあまりにも小さくて、味がよく分かりませんでした。
日本が未曽有の食糧危機になったら、真っ先に狙われる事でしょう。捕まらないだろうけど…。

2009.05.12(Tue) 18:31 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

5. 無題


>ルイさん
重いです。中には1kg近い化け物もいます。

食べる事に関心がいくのは心身が健全である証明であります。それに加え、生態系に関心を高めて無敵のカッチョいい未来人となりませう!

>カマコさん
やっぱりある程度以上の世代の方ってみんな生き物で遊んでますよね(笑)。といいつつ私もかなり身に覚えが・・・ゲフンゲフン。

これ、実は捕まえるのは写真撮るより簡単なんです。カゴにザリガニか何か入れて沈めておくといいんですよね。

2009.05.12(Tue) 22:49 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
67位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑