DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ズグロオニグモ

頭黒鬼蜘蛛。


漢字で書くと何やらすさまじいですが、実物はこのように、わりとかわいいクモです。



 

(20080414 千葉市若葉区)


体長も1cm前後しかなく。強いて言えば背中の模様の縁取りがギザギザになっているところが多少鬼っぽいですが、まあオニグモの仲間って実際にはあまり怖ろしげじゃないのが多いですよね。


少し引いて網の形をみるとこんなです。


 

(20080414 千葉市若葉区)


体の大きさに比べてなんだかずいぶんアバウトな網のような気もしますが、用水路の橋の下でカゲロウだのガガンボだのを捕らえるには、これはこれで合目的的なのでしょう。この写真を撮ったのは夕方6時前なのですが、ズグロオニグモは夜行性で、夜の訪れとともに網に現れるので、この時はわりと配置についたばかりだったのかもしれません。


今を去ること二十五年ほど前、この橋は丸木橋で、たもとには土嚢が積み上げてありました。下を流れている用水路は曲がりくねった小川で、ちょうどこの真下あたりに水草が生い茂って魚が群れをなしておりました。田んぼそのものの風景は昔とほとんど変ることはありません。しかし、その中身は確実に変っています。この橋で川遊びする子供は、もはやひとりもおりません。ただ二十五年前に大勢の友人たちとここで遊んでいた私が、二十五年後にひとりでクモの写真を撮っているだけです。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/04/18 22:47 ] 鋏角類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。