オナガアゲハ(♀)

2009.05.18(Mon)

時折、何気ない瞬間に生き物のほうから近づいてきてくれることがあります。無論、生き物には生き物の都合や生活のサイクルがあり、わざわざ私に写真を撮られるために近づいてきたのではないことはよくわかっているつもりです。また、「私のために現れてくれたんだね・・・」というような無駄にエモーショナルで自己中心的な考え方は、危険で幼稚なものだと個人的には思っています。


しかしそれでも、こうしてすぐ目の前に大きなオナガアゲハが舞い降りてきたりすると、やはり心の中で「ありがとうございます」と頭を下げたくなってしまいます。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090513 千葉市若葉区)



傷ひとつない、美しい雌でした。農業機械が道路に残した濡れた泥から吸水をしているのです。よく似ているクロアゲハ とは、翅が細く、尾状突起部分が長いことで区別できます。クロアゲハよりは数が少なく、千葉市のレッドリストでは「C(要保護動物)」にランクされています。幼虫の食草はミカン科の植物なので、一見森林が残っているようでも、スギやヒノキの植林が進んだ場所では姿を消してしまうのです。


今の季節、ツツジの花などに吸蜜に来ている姿がよく見られます。また、地面で吸水する時はクロアゲハなど他のチョウと一緒の時もあります。飛び方はふんわりとしていて優雅な感じです。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

21:37 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
593位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
63位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑