オオヨシキリ

2009.05.20(Wed)

オオヨシキリが渡ってきています。


水辺のアシ原に住み、雄は縄張りを宣言するため大きな声でさえずります。その声はものの本などには「ギョギョシ、ギョギョシ」と聴こえることから別名を「行行子(ぎょうぎょうし)」と呼ぶと書かれていますが、私の耳はスペックが低いのでどうも「ジョジョヒー、ジョジョヒー」と聴こえてしまいます。じょうじょうひ。私のPCで変換してみたら「浄冗費」となりました。何のこっちゃ。


閑話休題。この鳥、通常、相当けたたましく鳴いていても姿は見えないことが多いです。この時もすぐそばの木の上にいることはわかっていたのですけれど、しげしげと見上げても所在がわかりません。そーっと反対側に回り込んでみたら、



DAYLIGHT RAMBLER DAYLIGHT RAMBLER 

(20090518 千葉市若葉区)


枝の先っちょの方にいました。


スズメよりちょいと大きい、頭でっかちで地味な感じの鳥です。口の中が真っ赤ですね。アシの茎に、植物の繊維を使ってコップ形の非常に精巧な巣を作ります・・・って、実は私はナマで巣を見たことはないので知ったかぶりです。詳しく知りたい方はネットで画像検索すればすぐ出てきますです。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

21:34 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

青菊 #79D/WHSg

1. 姿を見たのははじめて


ヨシキリって良く聞くのに、姿を見たのははじめてです。

takさんは本当にいろいろな生き物をご存じですね。
もしかしたら暗記されていますか?

2009.05.20(Wed) 23:31 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. オオヨシキリは


>青菊さん
ほんとうに声ばかり聴こえてなかなか姿が見えないので、近くで見られて得した気分でした。

ありがとうございます。なんでも頭に入っていたら良いのですが、写真を撮ってもなんだかわからず、あとで本とかとにらめっこ・・・なんてことはしょっちゅうです(笑)。がんばって勉強しようと思います。

2009.05.21(Thu) 21:35 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑