アリグモの狩り

2009.05.23(Sat)

クロヤマアリそっくりのアリグモが、ミカンの木でヨコバイの仲間を捕えました。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090519 千葉市若葉区)


体のサイズ、色、歩き方までがアリ的で、パッと見にはほんとうにアリだと思ってしまいそうになります。八本ある脚のうち、一番前の二本を普段は持ち上げていて触角のように見せかけているのでなおさらです。この写真のは雄で、顎がたいそう発達しているので見分けがつきやすいですが、雌は顎が小さいため、さらにアリっぽいです。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090519 千葉市若葉区)


前から見ると、眼の感じなどでクモであることがわかります。網は張らず、ハエトリグモのように歩き回って獲物を探すタイプで、実際にハエトリグモ科に属しています。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 鋏角類

13:15 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
600位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。