イタドリ

2008.04.19(Sat)

過日イタドリハムシを取り上げましたが、それでいながらイタドリそのものを取り上げないのは何となく片手落ちな感が否めないのではないかということを表明するにやぶさかではないということを私の心象として申し上げておきたいという次第なわけです。<議会中継かよ


で、これがイタドリです。



  

(20080415 千葉市若葉区)


都川沿いにいっぱい生えております。このまま放っておくとさらにぐんぐん大きくなり、人の背丈くらいになります。秋になると花も咲きます。 



 

(20080415 千葉市若葉区)


小さいうちは山菜料理にしたりしますが、このくらいの高さになるともうあんまりうまくないそうです。(通りすがりの婆様・談)


竹みたいに節がありますが、折ってみると中は中空になっていたりして、そのせいか「スカンポ」と呼んだりもするようです。ところがうちのほうで「スカンポ」というとスイバのことだったりして、そのへんは土地それぞれであります。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

23:58 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

くーこ #79D/WHSg

1. 無題


子供の頃、よく生で食べましたねー。なつかしー。
くーこババより。

2008.06.18(Wed) 23:53 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. イタドリ


>くーこさん
生ですかっ。それは酸味が効いてそうですねえ。
酸味を生かしてスパイス的な利用もあるみたいですね。カレーに入れたり。

2008.06.19(Thu) 19:33 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
814位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
83位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑