ラミーカミキリ

2009.06.02(Tue)

色鮮やかな小型のカミキリムシ、ラミーカミキリは、麻の一種であるラミーが輸入されたのにくっついて、十九世紀後半に日本にやってきた外来種であるとされています。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090530 千葉市若葉区)


正面を向いたフクロウというかジャイアントパンダというか、ユーモラスな模様をしていますね。元来、南方系のカミキリムシで、日本国内では長らく西日本に分布するものとされてきましたが、地球温暖化に伴い、その生息域を北へ北へと伸ばしてきています。


ここ数年、千葉においてもかつては見られなかった南方系の昆虫が見られるケースがはっきりと増えています。見たことのない美しい虫がいる、と無邪気に喜んでいられる時代では、今はどうやらもうないようです。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

22:09 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

Bb #79D/WHSg

1. うーん。


一瞬、サイトを開いた時は、本当にパンダのぬいぐるみを葉に載せてて「あら、ギャグかしら」などと思いました。不謹慎ですいません(汗

文章を読み、考えさせられました。


2009.06.03(Wed) 00:27 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. 無題


>Bbさん
ほんとにパンダ的ですよね(笑)。

南方系の昆虫はどれも色が綺麗です。しかし、本来いなかったものがいるようになることの意味を考えると、複雑ですね。

2009.06.04(Thu) 12:25 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑