キジ@大草谷津田生きものの里

2009.06.10(Wed)

声と音はすれども、意外と姿は見えないキジ。ぱらぱらと小雨のちらつく中、よく太った雄が草むらから出てきました。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090606 千葉市若葉区)


私との距離は田んぼ二枚分。堂々と、しかし若干ニワトリっぽい歩き方で去ってゆきます。どう見ても派手な色なのに、草むらの中に入るとすぐ見失うのは、これはこれで保護色なのでしょう。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20090606 千葉市若葉区)


キジといえば日本の国鳥。これは1947年に3月に日本鳥学会において選定されたもので、他にはハト、ウグイス、ヤマドリ、ヒバリなどの候補が上がっていた中から、


・日本固有種である

・形が美しい

・留鳥なので日本全国で一年中見られる

・猟に適していて肉がおいしい


等々もろもろの理由から、多数の支持を得て選ばれたということです。最初っから狩猟に適するかどうかが要件の中に入ってたもんだから、現在でも、国鳥なのに狩猟鳥なわけですね。

近くのハンノキの梢に、がいました。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090606 千葉市若葉区)


もっぱら地上性のイメージが強いですが、ものの本によると実は夜は樹上で眠るのだとか。そういえば昔近所で飼ってたキジはいつも柵の上で寝てたっけ。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

18:29 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
48位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑