オオアオイトトンボの未成熟個体

2009.06.16(Tue)

昨年、オオアオイトトンボ のことについて書いたときには「私の日頃の縄張りではもはやとんと見ることができない」なんて書いてしまいましたが、すいません、ウソでした。その後、いろいろとてきとうにうろうろした緻密なフィールドワークの結果、自宅にほど近い平川幹線排水路沿いで、かなり高密度で発生する場所を発見しました。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090611 千葉市若葉区)


まだ体が光沢も放っていない、おそらく羽化後それほど長く経過していないトンボたちが、何十匹とふわふわ舞い、草の葉に垂れ下がるようにとまるのはちょっと幻想的な光景です。若いうちはこうして翅を閉じてとまるみたいです。ここは道に沿って冬でも水が涸れない溝があり、その上に森林がかぶさって木々が水の上に張り出しています。生育にちょうどいい環境なのでしょう。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090611 千葉市若葉区)


これからの生育ぶりをじっくり見守っていきたいと思います。またするべきことがひとつ増えました。


私がするべきだと思ってることって、よく考えるとほとんどみんな遊びなんだけど。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

21:32 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

青菊 #79D/WHSg

1. 無題


生育ぶりをじっくり見守っていってください。楽しみにしています。
本当に興味津々です。
私が知らないこととか、見たことないものとかupされていて穂Tのうに面白いです。

2009.06.17(Wed) 12:48 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. ありがとうございます


>青菊さん
私も野外を歩いていると、知らないことや見たこのないものに日々出会い、たいへん楽しいです(笑)。

じっくり見守ってまたレポしたいと思います。

2009.06.17(Wed) 21:19 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
64位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑