クロマドボタル

2009.06.22(Mon)

午後三時、ほの暗い林の中で出会いました。体長1cmあまりのこの地味な虫こそ、実はホタルの仲間、クロマドボタルなのです。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090618 千葉市若葉区)


雄はこのように甲虫らしい格好をしていますが、雌は翅が退化しており、甲殻類めいた異様な姿です。ホタルというと水辺で発光するゲンジボタルやヘイケボタルのイメージが強いけれど、このクロマドボタルは陸生のホタルです。幼虫の食べ物は小さなカタツムリなどで、そのあたりは水生のホタルの幼虫が貝類を食べるのと同じですね。


夜間、幼虫は発光し、成虫もわずかだが光るそうです。残念ながら私はまだ見たことがありません。やっぱり、たまには夜中とかもそこらへんをうろうろしないといけないのかなあ。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

20:46 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

青菊 #79D/WHSg

1. 発光しているところをみてみたい!


発光しているところを見てみたい!
もし、夜にその辺りへ行く用事がありましたら、よろしくお願いします。

世の中、いろんな虫がいるんですね。
ホタルというと、子どものころ母方の田舎でたくさん見ました。
でも、このホタルも農業用水路を埋め立てたせいでいなくなってしまいました。

2009.06.23(Tue) 12:30 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. ホタル


>青菊さん
ちょっと耕地整理とかするとすぐいなくなっちゃうんですよね・・・見られるところがどんどん減ってます。

なんでも、クロマドボタルは夜道でぼうっと光るそうです。是非見てみたい。

2009.06.23(Tue) 20:42 | URL | EDIT

Bb #79D/WHSg

3. 夜の蛍


楽しみにしておりまーす(^^

2009.06.24(Wed) 00:11 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. 無題


>Bbさん
四国にもいるそうですよ。探してみられては?^^

2009.06.24(Wed) 11:39 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
395位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
44位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑