DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ショウジョウトンボ

成熟するとお尻から眼まで全身が赤くなるショウジョウトンボ。特に雄は、翅以外はもう炭火のように真っ赤っ赤で、他のどんなトンボよりも赤いです。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090629 千葉市若葉区)


アカネの仲間とは、上から見るとお腹が横に平べったく見えることで区別できます。田んぼの周辺でよく見られるトンボですが、幼虫(ヤゴ)で越冬するため、冬場に水がない環境からは姿を消しています。


猩猩というのはもちろん、山海経とかに出てくる、例の赤ら顔・酒好きの人間に似た怪物のことで、そのもともとの正体はオランウータンだとも言われています。ショウジョウトンボは南方系のトンボで、同じように真っ赤なタイリクショウジョウトンボが広く東南アジアにも分布していますから、ボルネオあたりではきっとショウジョウの周りをショウジョウトンボが飛んでたりとかするわけですね。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/07/03 18:01 ] 昆虫類・トンボ目 | TB(-) | CM(2)
1. 本当に赤い!

本当に真っ赤ですね。
みんな赤トンボ扱いでしたが、それぞれ違うんですね。

中国でポインセチアのことを「ショウジョウ木」と書くのを思い出しました。
[ 2009/07/04 23:22 ] [ 編集 ]
2. ショウジョウトンボは

>青菊さん
目玉や顔まで赤いです(笑)。
アカネの仲間とは属が違い、いわゆる赤トンボの中でもちょっと異端です。

ポインセチアも真っ赤ですよね。そういえばクサショウジョウなんてのもあったっけ。
[ 2009/07/05 22:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。