デーニッツハエトリの狩り

2009.07.06(Mon)

デーニッツハエトリは、以前取り上げた際に書いた通り、明治時代にお雇い外国人として来日した、ドイツ人医師にして偉大なクモ学者、ウィルヘルム・デーニッツ氏の名が冠せられた、なかなか美しいクモです。


しかし、これほど大きな獲物を捕食しているところを見るのは初めてです。



DAYLIGHT RAMBLER DAYLIGHT RAMBLER 

(20090703 千葉市若葉区)


捕まっているのはウスキツバメエダシャクか、あるいはフトスジツバメエダシャクでしょうか。そんなに大きいガというわけではありませんが、それにしたって開張5cm近く、ハエトリグモに比べれば巨人のような体躯です。このようなガは日中は葉陰で休んでいるので、そこを狙って襲ったのかもしれません。胸の下側は急所ですから、おそらくは一撃で勝負あり、だったのでしょう。ガは既に身動きもかすかになり、あとは食べられるのを待つばかり、というよりも、



DAYLIGHT RAMBLER 

(20090703 千葉市若葉区)


がっちりと食い入り、既に食べ始めているようです。しかし、これ全部ひとりで食べる気ですかね、このひと。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 鋏角類

18:08 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
70位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。