DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オオイヌノフグリ+ホトケノザ+ナズナ

この季節、田んぼの畦道や農道脇の土手などに大変目立つのがこの三種類です。


 

(20080301 千葉市若葉区)


場所によってはこのように、ほとんどこの三種しか生えてません。。


 

(20080301 千葉市若葉区)


かわゆいオオイヌノフグリ。でも帰化植物。19世紀の終りにヨーロッパから入ってきたものです。ということで、

時たまテレビの時代劇等で道端に咲いてたりするのは、あれはマチガイ。


続いてホトケノザ。


 

(20080228 千葉市若葉区。この写真だけ別の場所で撮影したものです)

 

(20080301 千葉市若葉区)


言わずものがなのことですが、よく見ると大変複雑で綺麗な花です。ただし、「春の七草」に数えられているホトケノザは、あれはキク科のタビラコという別の植物なんだそうで。


ナズナ。別名ペンペン草。


  

(20080301 千葉市若葉区)


「ペンペン草一本生えない」などと言いますが、この三種の中ではナズナが比較的、薬剤感受性が強いようで、除草剤が多く撒かれている一角ではあまり姿を見ることができません。


除草剤で枯れてゆく草花を見るのは気分の良いものではありません。しかし、今、日本の農業はどんどん高齢化し、先細りの道を歩んでいるのです。人手が足りないのです。労力をふんだんに用いる余裕はないのです。「薬物を使用するな」と言う人間は、多くの場合、代りに草刈りをすることができるわけではないのです。それを思うと、ますます気分が良くなくなります。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/03/01 18:58 ] 山野草 | TB(-) | CM(2)
1. ホトケノザ

このちっこい花って吸うと甘いんですよねぇ。

小さい頃、学校帰りによくやったもんです<田舎育ち

懐かしいのぅ。
[ 2008/03/03 20:48 ] [ 編集 ]
2. 無題

そう、甘いんですよねアレ(笑)。

私も学校帰りによくやったものであります。あ、行きにもやってました。<遅刻ばっかりしてた

帰省してお試しになるときはなるべく除草剤を使ってなさそうなところのものをどうぞ・・・
[ 2008/03/04 20:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。