シオカラトンボ(♂)の未成熟個体

2009.07.30(Thu)

シオカラトンボというと、その雄はこんなふうに青白い粉で覆われている一方、雌は「ムギワラトンボ」の名で呼ばれるように、茶色っぽい姿をしています。


ですが雄も羽化した時から青白いわけではなく、未成熟な間は雌に似たカラーリングをしているのです。



DAYLIGHT RAMBLER DAYLIGHT RAMBLER 

(20090728 千葉市若葉区)


このトンボも、地色はまだ雌みたいですが、背中の中央部から少しだけ青白味が出てきていますね。


成虫になってからの寿命は一ヶ月くらいらしいです。その間、小昆虫を捕食して暮らし(これは上のと別のトンボ)、



DAYLIGHT RAMBLER 

(20090727 千葉市若葉区)


なんとか交尾・繁殖にトライすることになります。さて、上の写真の彼にはどんな未来が待っているのでしょうか・・・

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

21:29 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
67位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑