キツネノカミソリ

2009.08.04(Tue)

キツネノカミソリはヒガンバナ科の植物です。その名は、葉が剃刀に似ていることに由来するというのですが、花が咲いている時期には葉はないため、今の季節にはそのあたりをうかがい知ることはできません。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090803 千葉市若葉区)


ご覧の通り、林縁の土手や、雑木林の中などに群生します。ヒガンバナ と同じくやはり有毒植物で、アルカロイドの一種リコリン等を含んでおり、ヒガンバナがちょうど彼岸の頃に咲くように、こちらはお盆を前にして咲き始めます。そして、ヒガンバナが「幽霊花」「死人花」などと呼ばれるように、この花にもまた「地獄花」「数珠花」などの異名を持っているのです。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090803 千葉市若葉区)


暗い森の底を埋め尽くすようにこの花が咲いているとき、木漏れ日が射し込むと、まるで地面が燃えているように見えます。美しい、不思議な花です。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

20:16 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

ルイ #79D/WHSg

1. あ。


そうか。これそうなんだ。これはキツネノカミソリっていうんだ。前から見ていて、彼岸花に似てるけど、色が薄い・・と思っておりました。

よくうちのほうでは墓地に咲いています。特に実家近辺のお盆は通常のところより早くて、その際によく咲いているのを見かけました。

ふふふ。またここで新たな知識を得ました。

2009.08.05(Wed) 20:35 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:あ。


>ルイさん
彼岸花とは同じ科の仲間なんですよね。キャラクターもどことなくかぶってます。

こちらでも墓地近辺に咲いているのをよく見かけます。お盆ごろが花の盛りになりますね。

2009.08.06(Thu) 23:28 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
48位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑