クヌギに集まる昆虫たち

2009.08.06(Thu)

沁み出す樹液を目当てに、様々な昆虫たちがクヌギの木にやってきます。


一番多いのは、やはりカナブン 。ポジションを巡って同種同士で激しく争い、木の下に叩き落されるものまでいます。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090803 千葉市若葉区)


濃いイエローの長い口吻を刺し込んで、ゴマダラチョウ も樹液を吸います。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090803 千葉市若葉区)

こちらもカナブンと時折おしくらまんじゅうをしますが、特にどっちが強いというほどの差はないようで、一進一退です。


そして昼間の樹液争奪戦で最強の昆虫はやはりこのひと、オオスズメバチ



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090803 千葉市若葉区)


カナブンやクロカナブンが近寄ってくると大顎で威嚇したり、頭突きをかましたりして後退させますが、ずうずうしいカナブンは何度ものこのこ近寄ります。私もそのような精神を見習ってずうずうしくなることにし、接写にトライ。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20090803 千葉市若葉区)


良い子はあんまり真似してはいけないよ。刺されると痛いなんてもんじゃ済まないからねっ。悪い子が真似するのは勝手だが、何かあったあとでこのブログのせいにするんじゃないぞっ。



里山の雑木の代表格、クヌギ。人間が様々な形で利用してきただけでなく、昆虫たちにとっても価値の高い木なのです。夜になると、この樹液争奪戦はカブトムシや各種クワガタによって争われることになります。ひとつ今度は、これの夜編をやってみたいと思っています。


☆☆☆


まとめサイトは、やっとチョウ目まで完成しました。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 樹木

23:28 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

みっち #79D/WHSg

1. さすが


オオスズメバチですね><
でも樹液を吸ってるオオスズメバチっていつも1匹しか見ません。何か意味があるんでしょうかね?
クロカナブン、先日やっと1匹出会うことができましたが、滅多にいません。アオカナブンとクロカナブンって個体差?それとも種類が違うんでしょうか?アオも滅多に見ないけど・・・。

それにしても・・・ゴマダラチョウって身近にいたんですね(TωT)会いたい。。。

2009.08.07(Fri) 06:16 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:さすが


>みっちさん
おお、そういえばいつもオオスズメバチって一本に一匹ですね。あれ、なんでなんでしょうかね。

アオカナブンとクロカナブンは一応カナブンとは別種だそうで、クロカナブンは近年少ないらしいです・・・ゴマダラチョウは今年、都川や平川沿いでけっこう見ますヽ(゚◇゚ )ノ

2009.08.07(Fri) 23:06 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
48位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑