アカホシテントウ

2009.08.07(Fri)

アカホシテントウの赤い模様は、翅の表面ではなく、なんだか内側から浮き出しているように見え、ちょっと独特なものがあります。



DAYLIGHT RAMBLER DAYLIGHT RAMBLER 

(20090804 千葉市若葉区)


大きさは6、7mmと、ナミテントウナナホシテントウよりほんのわずか小さい程度ながら、めり込んだような頭部や透明感のある黒いボディのため、外見上、それらとはかなり違う虫という印象を受けます。


透明感があると言えば、よくよく見ると翅の外周部分が実際に透けており、



DAYLIGHT RAMBLER DAYLIGHT RAMBLER 

(20090804 千葉市若葉区)


精緻な工芸品のような不思議な姿です。この写真のはハクレンの葉についていましたが、ウメの木に集まることが多く、カイガラムシ類を食べて暮らしています。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

23:09 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑