DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミンミンゼミ

み゛ぃーんみ゛んみ゛んみ゛んみ゛んみ゛ぃー


という鳴き声がそのまんま名前になったミンミンゼミ。その声の大きさ、体のサイズ、生息数、どれをとってもアブラゼミと並んで千葉のセミの両巨頭と申せましょう。実際、頭もデカいし。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090811 習志野市)


セミは翅や喉で鳴いているわけではなく、お腹で鳴きます。セミの腹部には発音膜というものがあり、これを発音筋という筋肉で震動させて音を発し、腹部内の空洞に共鳴させることでその音を増幅し、さらに腹弁という板状の弁を開閉することで音の高低や調子を変えるのです。


鳴いているところをよく見ると、お腹を伸び縮みさせるような動作をしていることがわかります。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090811 習志野市)


土中で過ごす期間は他のセミより長いほうで、ざっと七年。そして成虫になってからの寿命は約二週間です。「鍛錬千日 勝負一瞬」なんて言葉があり、私の出身高校の剣道場にもそれに類する額がかかっていて、毎日部活の稽古後に皆で暗誦したものですが、セミというのはまさしくそれを地で行っているようです。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/08/11 21:39 ] 昆虫類・カメムシ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。