ナツアカネ

2009.08.15(Sat)

ナツアカネといっても夏にしかいないというわけではありません。梅雨明けから晩秋まで成虫を見ることができjますが、暑い季節には山地で過ごし涼しくなると降りてくるアキアカネとは異なり、真夏の間も低地にいるので確かにより夏のトンボという感じがします。



DAYLIGHT RAMBLER DAYLIGHT RAMBLER 

(20090813 千葉市若葉区)


アキアカネとは、胸部側面の黒い模様の違いによって見分けることができます。わかりやすく解説してあるサイトがたくさんあるので、さあ、みなさんも「ナツアカネ アキアカネ 翅胸」とグーグル様に打ち込んで検索してみましょう~。



DAYLIGHT RAMBLER 

(20090813 千葉市若葉区)


今はまだこのように薄い色をしていますが、秋の訪れとともに成熟して赤みがさしてきていかにも赤トンボという感じになり、特に雄は全身かなり赤くなります。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

21:49 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
801位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
75位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。