コシマゲンゴロウの食事

2009.08.29(Sat)

産卵後に力尽きた個体でしょうか。それともクモの巣にかかったものが落ちたのでしょうか。用水路に浮かぶシオカラトンボ の死骸に、多数のコシマゲンゴロウ が群がってきました。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090827 千葉市若葉区)


その食べ方はたいへんアグレッシブで、見る見るうちにトンボがスカスカになってゆきます。このような水死体は、彼らにとっては大口の食糧援助のようなものなのかもしれません。コシマゲンゴロウ以外の仲間もやってきました。


コシマゲンゴロウよりちょっと大きめのこれは、近年ちょっぴり珍しいマルガタゲンゴロウ、



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090827 千葉市若葉区)


これはヒメゲンゴロウ。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090827 千葉市若葉区)


この用水路には湧水が流入しているせいか、一年中水の尽きることがなく、意外に多様な生物がいます。なかなかどうして、覗いていて飽きない場所なのです。



▽コシマゲンゴロウの過去の記事はこちら からどうぞ

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

21:49 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
802位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
82位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑