ナナホシテントウ+その幼虫

2008.04.27(Sun)

かわゆいナナホシテントウですけれど、その幼虫はこんなであります。



   

(20080427 千葉市若葉区)


アブラムシを食べて大きくなるのだよ・・・というのは理科の教科書にも書いてありましたね。カラーリングも形態も成虫とはまったく異なるこの姿。



 

(20080427 千葉市若葉区)


けっこうよく動くのでピントが合わせにくいこと。やがてこれがさなぎを経て成虫になると、こうなります。すぐ近くにいました。



   

(20080427 千葉市若葉区)


あれがなんでこうなるのか。つくづく自然はすごいです。成虫になっても食べるのはやはりアブラムシという点は変らないわけですが。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

23:16 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
801位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
75位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。