ニホンアカガエルのいろんな体色

2009.09.05(Sat)

ニホンアカガエル は、いまや千葉県、千葉市ともにレッドリストの「A(最重要保護生物)」として記載されるほどになってしまいました。私が日頃歩き回っている範囲での個人的な感想としては、圃場整備された田んぼであっても、依然としてそれなりの密度で生息している地域がある一方、相当の広範囲にわたって全く姿を見られなくなっている地域もあります。


一口にアカガエルと言っても、その体色はかなり個体ごとの差異があり、なかなかバリエーション豊かです。最近撮った写真の中から、時系列順に見ていきましょう。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090724 千葉市若葉区)


A。鹿島川流域の、千葉市と佐倉市の境界付近の谷津田にいた、おそらくここ数年見た中で最大の、縦も横もヒキガエルみたいにデカいカエル。背中の逆Vの字はほとんど見えない。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090724 千葉市若葉区)


B。Aのカエルの一メートルほど横にいた、普通サイズのカエル。肌は滑らかでやはり背中の逆Vの字は消えているが、より赤みを帯びている。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20090727 千葉市若葉区)


C。鹿島川支流の平川沿いの小さな谷津にいたカエル。縞模様が強く隆起も多く、逆Vの字がくっきりしている。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090729 千葉市緑区)


D。村田川系の谷津にいたカエル。Cに似ているが縞よりも隆起が目立つ。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090814 長生郡長柄町)


E。お盆で墓参りに行った際、墓地近くのハーブ畑にいたカエル。かなり大柄だが非常に体色が薄く、オレンジ色に近い。逆Vの字は目立たない。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090820 市原市)


F。瀬又川沿いの田んぼにいたカエル。逆Vの字は大きくてはっきりしている。脚は赤っぽいが胴体はそれほどでもない。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090820 市原市)


G。Fの近くにいたカエルだが、赤みがとても強い。逆V字ははっきりしているが脚の縞は意外に目立たない。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090827 千葉市若葉区)


H。平川沿いの田んぼの中で、一箇所、かなりの高密度でアカガエルが生息している場所があるが、そこにいたカエル。Cと似ている。平川水系で見かけるのはこのようなタイプが比較的多い。



DAYLIGHT RAMBLER  

(20090903 千葉市若葉区)


I。Hと同じ場所で撮ったカエルだが、色は淡くEに似たタイプ。色の薄いカエルは眼の後ろの濃色部分も薄い。


・・・いかがでしたでしょうか。遺伝子って不思議で、ほぼ全て房総半島真ん中よりやや上の内陸部分のカエル、しかもAとB、FとG、HとIはそれぞれ全く同じ場所にいたカエルにもかかわらず、ざっと見ただけでもこれだけ、いやもっともっと様々な色の変異が存在しているんですね。これからもできるだけ、いろいろな地域で出会ったカエルを注意して見てみたいと思っています。



▽ニホンアカガエルの過去の記事はこちら からどうぞ

関連記事
スポンサーサイト

Category: 両生類

17:38 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

みっち #79D/WHSg

1. え。。。



レッドリストに入ってるんですか???

アオダイショウたちの主食なんですけど。。。

そうそう、確かにいろんな色がいますよね^^

個人的に赤が強い方が好きですね♪

足が長くてスマート♪

今時流行のスタイルですね(-^□^-)

2009.09.05(Sat) 21:19 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:え。。。


>みっちさん
そうなんです。今やレッドリストのAランク、これより上は「絶滅」しかないというところまで・・・。いるところにはまだかなりいるんですが。

赤が強いのは鮮やかですね(*^▽^*)
アカガエルはカエルの中でも脚が長いですよね。ううっ、うらやましい・・・

2009.09.06(Sun) 17:40 | URL | EDIT

青菊 #79D/WHSg

3. カエル博覧会


カエル博覧会みたいにいろんなのがいますね。
こんなに面白い生きものがレッドリスト入りしているのは残念なことです。

アマガエルってこんなにいろんな色にはなりませんよね。
カエルの中でここまで色が変わるのはアカガエルだけですか?

2009.09.06(Sun) 22:41 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:カエル博覧会


>青菊さん
アカガエルはほんとにおもしろい、すばらしい生き物なので、昨今の減少はすごくすごく悲しいです。

アマガエルの場合は、同じ個体でも条件によって保護色的に色が変わりはしますが元色はみんなわりと近いですね。他の種類も時々こういうふうに一覧展示してみたいと思います。

2009.09.07(Mon) 17:56 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
395位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
44位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑