ギンイチモンジセセリ

2008.04.27(Sun)

セセリチョウの仲間って一見、蛾みたいですけど、でもやっぱり蝶なんです。


   

(20080427 千葉市若葉区)


草のたくさん生えた河川敷なんかにいる蝶で、この写真を撮ったのはまさにそういうところで、けっこうたくさんいたのですけれど、各地で開発の余波を受けて減少しており、地域的絶滅に至っているところも多いようです。


羽の白いラインが、「ギン」イチモンジセセリの名の由来です。ちなみに表側は真っ黒です。頼りなさげにパタパタと飛んでゆく姿には不思議なはかなさと情感があって、見ているといつも胸が締めつけられるような気がしてしまいます。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

23:30 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
64位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑