DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クロサビイロハネカクシ

甲虫なのに鞘翅が小さく、腹部が剥き出しになった不思議な姿をしているハネカクシの仲間には、毒があることで知られるアオバアリガタハネカクシなど比較的小さな種が多いのですが、このクロサビイロハネカクシは体長2cmくらいと、それなりの大きさがあります。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090913 千葉市若葉区)


一見してとても甲虫とは思えないというか、まるで大きな羽アリか何かのようですね。この個体は着地したばかりであるため後翅が伸びていますが、通常これは鞘翅の下に折りたたまれています。楕円形の眼、数珠のような触角がなかなかの迫力です。


ハネカクシ科については昆虫の中でも比較的研究が遅れている分野なのだそうでして、国内にも未だに未知・未記載の種が多くいるようです。もしかしたらこの項を読んでくださっているあなたにも、新種発見のチャンスがあるかもしれませんね。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/09/17 21:44 ] 昆虫類・甲虫目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。