ナガサキアゲハ

2009.09.18(Fri)

ナガサキアゲハの「長崎」とは、シーボルトが長崎で採集した標本をもとにこのチョウが記載されたことに由来しています。南方系のチョウであり、日本列島においてはもっぱら西日本に分布していたものが、近年の地球温暖化に伴って現在進行形で北上中で、現在では関東地方に広く進出してきています。昨年、うちの庭でも初めて幼虫を観察 しました。


幼虫がいるということは当然、成虫もいるわけです。少々ボロくはなっていますが立派な雌がやってきました。



DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20090914 千葉市若葉区)


モンキアゲハ などと並んで国内では最大級のチョウです。そのモンキアゲハに似ていますが、翅の尾状突起がないことで容易に見分けがつきます。また雌雄を見分けるのも容易で、このような白い紋があるのが雌、全体に黒っぽいのが雄です。綺麗なチョウが見られるのは良いですが、その原因が地球温暖化であり、その後に何がもたらされるかということを考えると、気分はだんだん深刻になってきます。



▽ナガサキアゲハの過去の記事はこちら からどうぞ(携帯では正常に表示されない場合があります)

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

18:01 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

スモール #79D/WHSg

1. その後に来るもの


北上する南方の生き物がいることは
なんとなく知ってました
そして
その後に来るもの
考えないようにしている自分に
気がつきました

2009.09.18(Fri) 19:47 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:その後に来るもの


>スモールさん
昔たくさんいた生き物がいなくなる、昔はいなかったものが入ってくる・・・そのことの意味を考え出すと恐ろしいものがありますね。どうすれば止めることができるのか・・・

2009.09.19(Sat) 12:25 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
566位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑