マユタテアカネの交尾・産卵

2009.09.22(Tue)

マユタテアカネの愛の季節です。用水路の上で、いくつものカップルが誕生しています。その中から今回紹介する新婚さんはこのお二方。



DAYLIGHT RAMBLER DAYLIGHT RAMBLER 

(20090920 千葉市若葉区)


赤い方が雄、黄色い方が雌です。この雌は翅の先端に褐色の部分があり、一見ノシメトンボのようですね。この褐色部分は、あるのとないのがいます。交尾が終ると、しっかりと連結しながら産卵です。浅い水面、あるいは泥の中に、バシバシと打ち込むように産卵していきます。あたりには他の雄がぶんぶん飛び回っていて、隙あらば・・・という感じでちょっかいをかけ、小競り合いになったりもします。夫婦揃って心中よろしくナガコガネグモの網に飛び込んでしまう哀れなカップルもいます。ドタバタの大騒ぎですが、子孫繁栄がかかっているので全員真剣です。その光景は、まるで「祭り」のようです。


苦労の末に産みつけられた卵は、卵のままで越冬し、春に孵化してヤゴとなります。無論、親たちはそれを見届けることはありません。


関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

21:53 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
587位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
59位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑